*

銀行系信販系消費者金融系のキャッシングの違いについて

一般にキャッシングサービスというものは、大きく分けて2つの種類に分類することができます。
その1つは貸金業者の提供するサービスです。
この貸金業者には、消費者金融系や信販系、クレジットカード会社などがその中に含まれます。こうしたいわゆる貸金業者には貸金業法が適用されるため、融資の際の利息や、融資の限度額が当人の年収の3分の1までに制限されるという総量規制も適用されることになります。
そのため、こうした貸金業者からの借り入れが数社に及んでいる場合、それらの残高を合算した合計額が、この総量規制の限度額以内に収まっている必要があるわけです。
そして、もう一方のキャッシングサービスの種類として、銀行系のサービスを挙げることができます。
最近は、大手の都市銀行などが盛んに宣伝しているのでご存知の方も多いと思いますが、そうした銀行が提供するキャッシングは、貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の制約を受けることがありません。
それで、少しでも多めの融資枠を希望するという場合は、こうした銀行系のキャッシングの利用を検討されるkとをお勧めいたします。

こちらで収入証明書不要キャッシングSC56について書かれていますので参考にして下さい。



コメントする